Ubuntu 18.04 インストール

mac book air 2015 に Ubuntu を入れてデュアルブートさせる。
mac book air で快適に使うための個人的な設定。

Wifi 接続

Ubuntu インストール直後は wifi が使用出来ないため、Thunderbolt – Ethernet アダプタを使って有線LAN接続。

ターミナルで以下のコマンド
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt-get install bcmwl-kernel-source

これで問題なく wifi に繋がった。最後のは apt-get ではなく、apt でも良いのかな?

日本語入力

ibus-mozc をインストールし、Region & Language のインプットソースから Japanese (mozc) を追加。mac book キーボードだと、command + space で日本語切り替えが可能

  • Apple Aluminium (JIS)
  • Japanese – Japanese (Macintosh)

参考
https://www.hiroom2.com/2018/04/29/ubuntu-1804-ibus-mozc-ja/
https://yaruki-strong-zero.hatenablog.jp/entry/ubuntu_switching_ja_ime

テーマの切り替え

Activities で GNOME3 Tweaks を検索してインストール。Fonts から全体の文字スケーリングを 0.85 に変更。

Appearace からテーマを Adwaita-dark に変更

アプリの切り替え

control キーを押すと、mac の 3本指を上にやったときの挙動。
もしくは、option + tab で個々のアプリへ切り替え。

Option + Command (Super) + D でデスクトップ表示
Option + Command (Super) + T でターミナル起動

Option + etc でもアプリが切り替えられる

Ctrl と Command Key の変更

Copy & Paste が Control キーに割り当たっているため、mac とデュアルブートして使っていると、キーバインディングに戸惑う。Command (Super) Key に割り当てたい。

Control と Command の位置の変更は、インストールした Tweaks を使用する。Keyboard & Mouse から、Additional Layout Options を選択する。

Ctrl position から変更可能。

Input Source の切り替え

Control と Command 位置を変更すると、今度は Input Source (Japanese と Japanese (mozc)) の切り替えが不便に感じる。

設定の Keyboard から、switch to next input source のキーを変更する。

スクリーンショット撮影

Show Applications の Utility の中に、Screenshot アプリがあるためそれが使える。Favorites に登録しておくと便利。

HDD 容量確認

Lounch the System Monitor app from Show Applications button.
It is can check a system monitoring, such as CPU, Memory and Storage.

Mac <-> Ubuntu 切り替え

通常起動するのは Ubuntu。Ubuntu から再起動後 OS が起動する前に、Option を押し続ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。