よく使う Numpy の関数

np.random.randn()

平均 0, 分散 1 の正規分布 (normal distribution) に従う乱数値を返す。引数には任意の次元を指定できる。randn(d0, d1, …, dn) を指定することができ、仮に randn(2, 2) とすれば、4つの乱数が返る。

np.zeros()

0 で初期化された配列を返す。zeros((2,2)) とすれば、要素4つ、shape が (2,2) ndim 2 の配列が返す。

np.random.choice()

第一引数は乱数の最大値、第二引数は個数。(5, 20) と引数に指定した場合は、5 以下 (0~4) までの乱数が 20 個返る。

np.pad()

指定した変数の前後にパディングを追加出来る。np.pad([5,6], (2, 3), ‘constant’) みたいに指定すれば、array([0, 0, 5, 6, 0, 0, 0]) という要素が返る。5 の前に 2個、6 の後に 3個のパディングが追加される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。