DirectX12 Root Signature

Root Signature を覚えるのは大変だ。これは抽象的な図や分かりやすい言葉で表すのは困難で (少なくとも自分には)、C言語を最初に学んだ時のポインタのように、苦しんで覚えるしかない類の物だと思ってる。

MS のドキュメントやこんなブログの内容を見るよりも、D3D12 のサンプルプログラムを実行し、修正しながら動作を確認するのが一番の近道な気がします。

自分は Root Signature を理解するのに最も大切な概念って Descriptor Table だと勝手に思い込んでいたのですが (いや重要なんですけどね…)、CD3DX12_ROOT_PARAMETER1 が大切で、この定義と、CommandList->SetGraphicsRootDescriptorTable() との関連性が理解出来れば、Root Signature って大体分かるんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。