DirectX12 Compute Shader

Compute Shader の実行は D3D12ExecuteIndirect の Sample を参考に。

Graphics Task 用と Compute Task 用で Command Allocator と Command List の分割。D3D12_COMMAND_LIST_TYPE_COMPUTE を指定して作成。

Root Signature

Graphics と Compute で使うリソースが異なるため、当然 Root Signature も分けて作成される。

Resource Binding

このサンプルの Compute Shader で使われるリソースは b0, t0, t1, u0 の4つ。

cbuffer RootConstants : register(b0) {…}
StructuredBuffer cbv : register(t0);
StructuredBuffer inputCommands : register(t1);
AppendStructuredBuffer outputCommands : register(u0);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。