Participating Media の Rendering

視点から LTE の両辺を積分したものをボリュームレンダリング方程式と呼び、これが Participating Media のレンダリング結果になる。視点から媒質に向けたレイでいい。ボリュームレンダリング方程式を細かい区間で区切って、奥から計算して次の領域に減衰させて引き渡す。これを再帰的に繰り返して求め、値を全て足し合わせたものが、積分の結果に近似できる。

参考文献:CG Magic
素晴らしい本に感謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。