Google Filament のシェーディング

main.fx の main() がエントリーポイント
shading_lit.fs の evaluateMaterial() が呼ばれ、その中の evaluateLights() がライティング用の関数。shading_lit.fs の中に evaluateLights() があり、evaluateIBL() -> evaluateDirectionalLight() -> evaluatePunctualLights() の順番で呼ばれている。

evaluateIBL, evaluateDirectionalLight, evaluatePunctualLights のそれぞれで、surfaceShading() が呼ばれている。standard, cloth, subsurface が surfaceShading() を実装している。マテリアルによって切り替えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。