macOS の環境構築

使っている mac が 128GB しか SSD 容量が無いため、定期的にクリーンインストールして環境を再構築している。その度にやり方を忘れるのでメモ。

# US-Keybord での日本語
標準だと Command + Space には Spotlight 検索
Control + Space には入力切り替えが割り当たっている。これらのショートカットキーは System Preferences -> Keyborad -> Shortcuts で設定する。

ABC と Hiragana などの入力切り替えのショートカットを行うには Input Sources -> Select the previous input source にチェックを入れる。その上で、標準だと Command + Space になっているが、キーが離れているため入力がやりづらいため、Command + Space に変更する。その後に、ショートカットキーが衝突していると言われるので、Spotlight 検索の方を Option + Space へと変更する。

# Function Key
デフォルトだと、F1, F2 などのキーは fn+F1, fn+F2 というキーを押した時に動作する。開発時のデバッグキーが F5 や F10 とかになるため mac だと押しづらい。

System Preference から Keyboard を選択し、Use F1, F2 etc のチェックを入れる。

# F11 全画面の解除
F11 全画面表示のショートカットがデバッグキーと競合しているため、Keyboard -> Shortcuts -> Mission Control から Show Desktop のショートカットを解除する。

# docker
インストール後に Sign In するときは、メールアドレスだと docker pull に失敗する現象があった。ユーザー名で Sign In する。

docker は標準だと、何もしなくても 64GB 容量を確保している。多すぎて辛いので最小の 16GB に変更する。

# miniconda
Python 3.7 pkg ファイルをダウンロードしてインストール
https://docs.conda.io/en/latest/miniconda.html

# unity
最近だと Unity Hub を DL, Install してから、その中から Unity 本体の Version を指定して Install するみたい。デフォルトだと、Visual Studio for Mac がインストールにチェックが入っているが、容量がきついのでチェックを外す。代わりに Visual Studio Code が使える。

# Terminal 名の変更
System Preferences -> Sharing から変更できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。