Tri-planar mapping

Quick Game Art Tips – Unity Triplanar Terrain Shader
https://www.patreon.com/posts/16714688

2DテクスチャをUVを使わずに投影するTri-Planar Texture Mapping
https://qiita.com/edo_m18/items/c8995fe91778895c875e

ARNOLD triplanar
https://docs.arnoldrenderer.com/display/A5NodeRefJPN/triplanar?desktop=true&macroName=multiexcerpt

Projective Texture Mapping
http://www.cse.unsw.edu.au/~cs9018/readings/projective_texture_mapping.pdf

Tutorial 43: Projective Texturing
http://www.rastertek.com/dx11tut43.html

macOS での Bootcamp でスリープから復帰しない

macOS (MacBook Air 2019 mojave) に Bootcamp で Windows 10 を入れて遊んでいたのですが、デュアルブートを導入した直後から、macOS がスリープから復旧しない不具合に遭遇しています。

Catalina にアップデートすれば改善するかなと思って試してみたのですが、状況は変わらずでした。OS を再起動後に下記のメッセージが出ているので、EFI に何か問題があるのかな。

Sleep Wake failure in EFI

Mac の SMC をリセットする方法
https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

追記。自分の環境だと上記の SMC リセットで改善した。それでもならない場合は、下記の方法を試すと良さそう。

Mac で NVRAM または PRAM をリセットする
https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

macOS の Catalina へのアップデート

macOS を mojave (10.15) から、catalina (10.16) にアップデートしたのですが、意外と変更点が多くて困惑。

デフォルトシェルが bash から zsh へ

Catalinaでデフォルトシェルが「zsh」に変わる、bashとの違いは?
https://news.mynavi.jp/article/osxhack-241/

zsh を Mac のデフォルトシェルとして使う
https://support.apple.com/ja-jp/HT208050

今まで当たり前のように使っていた、bash_profile が zprofile に変わることへの違和感が凄い

Ubuntu Command 覚え書き

# ファイル検索
locate libc.so

# mac の open コマンド
xdg-open .

# 拡張子無しのファイルを調べる
file tilix

# コマンドの場所を調べる
whereis ls

Ubuntu メモ

# iterm のようなターミナルソフト
Tilinx (apt でインストール可能)

# デスクトップ表示
Control + Command(win) + d

# 複数アプリ切り替え
Option(alt)+tab

# Qt での GUI
https://vitux.com/compiling-your-first-qt-program-in-ubuntu/

# Ubuntu で OpenGL
http://www.codebind.com/linux-tutorials/install-opengl-ubuntu-linux/

GUI アプリ開発の不明点

ubuntu 18.04 でのGUIアプリ開発の手段と動作の仕組みが良くわからない。ubuntu 18.04 のデスクトップ完了は GNOME 3 で、

macOS で img ロード

virtual box

virtual box を立ち上げて、New から作成。
https://blog.shosato.jp/2019/09/12/hand-made-os-in-30-days-day-1/

Windows で起動した Virtual box から抜ける場合は、Right Ctrl が標準のキーとして割当たっているが、私の環境だと mac で Bootcamp していたため、右の Ctrl が無くて抜けられなかった。そんな時は、Ctrl + Option(Alt) + Delete で抜けられる。

qenum

2019年12月26日現在 4.2.0 が最新。
https://www.qemu.org/

macOS であれば、homebrew でインストールして
qemu-system-i386 helloos.img
で起動できる。

Windows は Install フォルダーの下記に、qemu-system-i386.exe がある
C:\Program Files\qemu\

qemu-system-i386.exe helloos.img
コマンドラインから起動できる。

30日でできる!OS自作入門(1日目)[Ubuntu16.04/NASM]
https://qiita.com/pollenjp/items/a13cd764cc739a0ca9df

参考
https://qiita.com/tatsumack/items/491e47c1a7f0d48fc762
https://github.com/tatsumack/30nichideosjisaku
https://inakadeikinaosu.com/shumi/os_nyumon_3/

最新の DirectX を利用するために OS のアップデート

DXR の実行もそうだが OS (Windows 10 のバージョン) をアップデートしないと、最新の DirectX の機能を利用できないのはナゼなんだろう。単純に sdk や driver や dll のバージョンを上げるだけでは、最新の機能は使えない。

参考リンクの記事に、DirectX は Windows のコンポーネントとして提供されるようになったため、dll 単体での更新が出来ないというのが理由だろうか。じゃあ、新しい Windows 10 から D3D12.dll だけをバージョンが古い Windows 10 にコピーした場合の挙動はどうなるんだろう。

driver とか dll とか、プログラムが実行できる仕組みとか、その辺りをちゃんと勉強する必要がありそう。

D3D12.dll は下記の両方に存在している。
C:\Windows\SysWOW64
C:\Windows\System32

参考リンク
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17r9113/how-to-install-the-latest-version-of-directx
https://powerpro.at.webry.info/201511/article_43.html
https://wa3.i-3-i.info/word14254.html
https://wa3.i-3-i.info/word14253.html

ブックマーク

GTC 2019 – NVIDIAのTuring GPUを解剖する 
https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_1894430/

モダンCPU命令のクロックサイクル数
https://qiita.com/aosho235/items/60bd41a5b41bcc3b6ea9

C/C++ ビルドのリファレンス
https://docs.microsoft.com/ja-jp/cpp/build/reference/c-cpp-building-reference?view=vs-2019
# Windows で C/C++ 開発をする場合は必読

CGのための確率・統計入門
https://qiita.com/mebiusbox2/items/1b69ccf5d76b173350e5

計算機数学I (2018) サポートページ
https://www.math.tsukuba.ac.jp/~terui/compmath1-2018
# 非常に勉強になりました

UE4のためのより良いゲーム設計を理解しよう!
https://www.slideshare.net/masahikonakamura50/ue4-137809570

Capturing Deep Learning Data for Neural Network Training
https://news.developer.nvidia.com/capturing-deep-learning-data-for-neural-network-training/

[最新論文]MirrorGANをKerasで実装した話
https://qiita.com/komiya-m/items/5eb4fabf648ec44e03d3

シリコンスタジオ 資料公開
https://www.siliconstudio.co.jp/rd/presentations/